省人化や遠隔化の必要性が高まり、無線IoTによるプロセス改革はますます重要な課題となります。本セミナーでは、数あるIoT向け無線のうち、狭帯域型LPWA(LoRaWAN、SIGFOX、ELTRES、ZETA)に着目し、それぞれの規格の特徴と、アプリケーションを成功に導く規格の選び方をお伝えします。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
開催日時 2021年4月15日(木) 16:00~17:00
申込期間 2020年4月14日(水) 23時まで
会場
参加費 無料
定員
対象
主催 ソナス株式会社
共催
協賛
内容  狭帯域型LPWAとは、免許不要の周波数帯を利用するLPWA(省電力広域無線)のうち、その名の通り狭い周波数帯を利用して低速ながら省電力かつ遠距離の通信を行う無線規格を分類したものです。本セミナーでは、狭帯域型LPWAに分類される主要な規格について解説を行います。

●はじめに
・すべてに優れた規格は存在しない

●LPWA規格の見方
・LPWAとは
・ライセンスバンドとアンライセンスバンド
・提供形態とトポロジー
・主要指標と注意点(通信距離・通信速度・消費電力)

●狭帯域型LPWA
・LoRaWAN
・SIGFOX
・ELTRES
・ZETA

●UNISONet無線モジュールのご案内

※内容は変更となる場合がございます。
注意事項
備考 ご登録後、配信URLが決まり次第メールにてご案内させていただきます。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

講演者プロフィール

大原壮太郎

ソナス株式会社
代表取締役
東京大学大学院工学系研究科修了後、ソニー株式会社にて5年半、半導体開発に従事。東京大学先端科学技術研究センター勤務を経てソナス株式会社共同創業、代表取締役就任。

お問合わせ

ソナス株式会社 セミナー事務局
seminar@sonas.co.jp
-->