昨年より続くコロナ禍を受けて企業のDX推進の機運は加速し、IoT(Internet of Things)による省人化・遠隔化のニーズはさらに増してきています。一方でIoT向けの省電力無線規格は多数存在し、通信距離・速度・省電力性といった要素のトレードオフを考慮して最適な無線を選択する必要があります。
 本セミナーでは、LPWA(Low Power Wide Area)と呼ばれる無線通信規格11種を取り上げ、それらの特徴を一挙紹介・解説します。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
開催日時 2021年2月4日(木) 16:00~17:00
申込期間 2020年2月3日(水) 23時まで
会場
参加費 無料
定員
対象
主催 ソナス株式会社
共催
協賛
内容  IoT(Internet of Things)という言葉が一般的に用いられるようになって久しい昨今ですが、IoT向けの無線通信規格は多種多様にあり、自社のニーズに合ったものを選ばなければならないのが現状です。
 本セミナーではソナス独自の無線通信規格「UNISONet」を含めた11種類のLPWA規格について、そのスペックや特徴を横断的に紹介します。

●はじめに

●LPWA規格の見方
・LPWAとは
・ライセンスバンドとアンライセンスバンド
・提供形態とトポロジー
・主要指標と注意点(通信距離・通信速度・消費電力)

●セルラー系LPWA(ライセンスバンド系LPWA)
・LTE-M(LTE Cat.M1)
・NB-IoT(LTE Cat.NB1)
・LTE Cat.1

●アンライセンスバンド系LPWA① 狭帯域型
・LoRaWAN
・SIGFOX
・ELTRES
・ZETA

●アンライセンスバンド系LPWA② マルチホップ型(ミドルレンジ)
・Wi-SUN FAN
・Smart Hop
・Smart Mesh
・UNISONet

●UNISONet無線モジュールのご案内

※内容は変更となる場合がございます。
注意事項
備考 配信プラットフォームはYouTubeLiveを予定しております。
ご登録後、配信URLが決まり次第メールにてご案内させていただきます。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

講演者プロフィール

滝澤慎也

ソナス株式会社
「SONAS IoT/DX Lab」 メインライター
沼津高専卒業後、千葉大学に編入し無線センサNWの研究に従事。大学院修士修了後は大手SIerにてNWエンジニアとして勤務した後、2019年12月よりソナスに入社し現職。 高専でのHW/SWの総合的な知識、大学での無線センサNW研究の知見、SIerでの企業システム提案・構築・運用経験と、半生をフルに活かして活動中。2020年5月より自社メディア「SONAS IoT/DX Lab」を立ち上げ、メインライターとしてDX・IoTに関する解説記事を執筆。

講演者プロフィール

大原壮太郎

ソナス株式会社
代表取締役
東京大学大学院工学系研究科修了後、ソニー株式会社にて5年半、半導体開発に従事。東京大学先端科学技術研究センター勤務を経てソナス株式会社共同創業、代表取締役就任。

お問合わせ

ソナス株式会社 セミナー事務局
seminar@sonas.co.jp
-->